【自動改札】遂に設置!自動改札やICOCAカード、その展望はいかに?

スポンサーリンク



東京や大阪、名古屋など大都市の駅に行けば必ずと言っていいほど目にする自動改札機

これまで福井県は「県内に自動改札機がない県」として名を馳せてきました…

 

しかしこの秋、遂に福井県内にも自動改札機が設置され、運用が開始されます!

今回はそんなホットな話題である自動改札機や、同時に導入される「ICOCA」カードの利用やこれからの展望などを解説していきます!

 

自動改札で何が変わるの?

これまで自動改札機を使わずにJR線を利用してきた福井県民は突然の自動改札機に困惑するばかり…

JR西日本の交通系ICカード「ICOCA(イコカ)」の名前なども耳慣れません…

 

いったいこれからの県民生活にどのような影響があるんでしょうか?

自動改札ってどう使うの?

 

自動改札は各駅の改札に設置され、

乗車時や下車時に自動改札についているセンサーにICカードをタッチして改札の入退場を行うものです。

その際、あらかじめICカードにチャージされていた電子マネーから運賃が引き落とされます。

 

つまり、これまで有人改札であった時の、切符を買う手間や駅員さんに切符を切ってもらう手間が省かれます!

個人的には無人駅から乗車した時に駅員さんにわざわざ

「○○駅からの乗車です。」

と言って運賃を支払っていた手間がなくなるのがうれしいですね。

 

ただ要注意なのがICカードにお金がチャージされていないと改札でブロックされます。

後続の方の迷惑にもなるのでICカードには十分なお金をチャージしておきましょう!

 

ICOCAカードって何?

 

自動改札では主に交通系ICカードが利用されます。

JR西日本圏内の北陸線では「ICOCA(イコカ)が導入されます!

そう!あの、「ICOCAで行こか」のキャッチフレーズがある「ICOCA」です!

 

勿論自動改札では従来の切符も利用可能です。

また北陸線の自動改札でも、JR東日本による交通系ICカード「Suica」や京王電鉄による交通系ICカード「PASMO」なども使えるようです!

県外地域でICカードを購入している人はうれしい限りですね!

 

ただ福井県民としては福井県内限定販売の「IKOSSA(イコッサ)」を導入してほしいところ!

IKOSSAで行こっさ!

福井県の流行語になりませんかね(笑)

(※福井弁では「~~っさ」で「~~しよう」を意味します)

 

福井弁、福井の方言については以下の記事を参照です。

【福井方言特集】チアダンで話題の福井弁講座!

自動改札、運用時期や区間は?

引用

自動改札の設置はJR北陸線の福井県内の19の駅です。

北は牛ノ谷駅(福井駅あわら市)から南は新疋田駅(福井県敦賀市)までです。

福井駅と敦賀駅以外の17の駅ではICカード専用の自動改札機が設置されるようです。

しかしながら、小浜線や越美北線では使えないようです。

 

またICOCAの運用開始時期は2018年の9月15日からです。

 

しかし、通勤や通学での利用者が多いとみられる福井駅と敦賀駅では自動改札機の導入は同年9月8日から先行的に運用開始されます。

まだ自動改札が導入されていない地域ってあるの?

自動改札機の設置で大いに騒がれている福井県ですが、

未だに自動改札機が設置されていない都道府県はあるのでしょうか?

 

実際は3県のみ!!!

2018年7月現在では、都道府県内に自動改札機が全く設置されていないのは福井県愛媛県徳島県3県のみのようです…

同じ北陸地方の石川県富山県、また中国地方の鳥取県島根県、九州地方の宮崎県などはここ数年で自動改札機が設置されたようです。

「無い」のは少数派だとは思っていましたが、ここまで自動改札機の設置が進んでいるとは思いませんでしたね…

 

自動改札、ICOCA導入後の福井の展望

北陸新幹線での観光客増加の期待!

 

福井県内では2022年までの金沢ー敦賀間の北陸新幹線の開通が目指され、日々建設が進められています。

北陸新幹線開通後の県外からの観光客増加も期待されますが、

その際重要なのは他の公共交通機関との接続でしょう。

 

ふくてつ、えちてつ、京福バスでの利用

観光客の方が福井県内を移動するのに便利なのは

ふくてつ(福井鉄道)やえちてつ(えちぜん鉄道)などの私鉄、

そして京福バスでしょう。

 

現在の福井駅前では交通整備が進み、これらの交通機関に非常にアクセスしやすくなっています!

移動の際にわざわざ財布から小銭を取り出して支払いをするのは面倒なものです。

費用対効果の問題はありそうですが、

これらの交通機関でも「ICOCA」などで支払いができると、とても便利ですね!

鉄道会社さん、バス会社さん是非ご検討を!!!

 

えちぜん鉄道、通称「えちてつ」による福井県内へのアクセスは下記記事を参照です。

【えちぜん鉄道】”えちてつ”が福井を繋ぐ!?

 

コンビニや自動販売機での支払い

 

些細なことですが、駅周辺のコンビニや自動販売機では「ICOCA」での支払いができるようになるのでしょうか?

実は福井県内の大手コンビニでは何年も前から交通電子マネーが使えたんですよ!

 

しかし、今までは地元の人々にはあまり使われていませんでしたよね。。。

今回のICOCA導入によってついに福井県民も便利にお買い物できるようになりますね!

電子マネーでの支払いなんて都会人になった気分です!

 

まとめ

それでは自動改札や「ICOCA」カードのまとめです!

「自動改札が無い県」であった福井県も、2018年9月15日から自動改札機の利用が始まります!

利用には「ICOCA」などの交通系ICカードが必要となりますが、「Suica」や「PASMO」でも利用可能です。

また、日本で未だに自動改札機がないのは福井のほかに愛媛や徳島がありました。

 

北陸新幹線開通が待たれる中、この自動改札機や「ICOCA」の導入を機に、ふくてつやえちてつでもICカードでの乗車ができるようになるとますます便利になりますね!

 

さあ、今年の秋が楽しみになってきました!

自動改札や「ICOCA」が解禁になるその日まで一福井県民として期待が膨らむばかりです!

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です