【焼きとりの名門 秋吉】東京でも食べられる!福井県民のソウルフード

スポンサーリンク



福井県民のソウルフード「8番ラーメン」について以前紹介しました。

【8番ラーメン】福井県民のソウルフードを熱く語り尽くす!

今回は、焼きとりの名門 秋吉を紹介!

焼き鳥?やっぱ鳥貴族でしょ!って思ってる都会の皆さん!

この記事で秋吉を知れば行きたくなること、間違いなし!

では早速、紹介していきましょう!

 

秋吉って何?

やきとりの名門 秋吉は、福井県発の焼き鳥居酒屋です。

やきとりを食べるとなれば、福井県民は秋吉しか行きません。

活気ある店内独特の接客絶妙なサイズ感のやきとり

福井県には27店舗展開しています。高校の学校祭や、地域のお祭りにも

やってきて大人気の秋吉

福井県民と秋吉は切っても切れない関係なんです。

この看板が目印。

 

社長気分、お嬢さん気分になれる独特の接客?

秋吉では、店内に入ると男性のお客さんを「いらっしゃい、社長さん!

女性のお客さんを「いらっしゃい、お嬢さん!

と出迎えてくれるです。

どんな若造でも社長さん、どんなばばあでもお嬢さん扱いなんですよ!

独特な接客ですよね!

(この前、訪れた都内某所の店では、たまたまなのか社長と呼ばれず残念でした…)

目の前で焼いてる厨房も見られ、店内は活気にあふれています!

 

福井以外でも食べられる

秋吉は今や、福井のみならず全国に展開しているんです。

なんと東京大阪愛知など含めて16都道府県

・福井27店舗
・石川14店舗
・富山14店舗
・新潟1店舗
・東京13店舗
・神奈川1店舗
・静岡1店舗
・愛知3店舗
・長野3店舗
・山梨1店舗
・滋賀4店舗
・京都3店舗
・大阪17店舗
・兵庫4店舗
・広島2店舗
・愛媛2店舗

東京だと、渋谷や銀座、池袋、後楽園など13店舗もあります!

ぜひ住まいのお近くにあるのか、こちらで確認してみてください!

 

筆者のオススメメニュー紹介!

まずはメニューをどうぞ!

秋吉は店舗によってもメニューが違っているんですが、場所によって(土地代の問題でしょう)価格も違っています。
これは都内某所のメニューなので、必ずこの価格、メニューとは限らないことはご注意。

メニューを見てお気づきのとおり、焼き鳥は5本単位からの注文になるんです!

鳥貴族は2本ですよね。

サイズは大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいいサイズでバクバクいけちゃいます。

そのため、福井県民は1種類の焼き鳥を数十本単位でドカドカ注文しちゃうんですよ!

それでは、いくつかオススメメニューを紹介していきましょう!

キュウリ

ただのキュウリに見えるじゃないですか。

それがなんか秋吉のキュウリって違うんですよ。

必ず頼んじゃうんですよ。ただの塩かけたキュウリのはずなのに。不思議なほどうまい。

家で再現しようと思ってもなぜかできない。

秋吉に来たらまずキュウリ。そんな感じです。

純けい

純けいはおそらくあまり焼き鳥屋さんで聞くこともないのではないでしょうか?

秋吉の名物です。厳選されたメス鶏を使用しているらしいです。

抜群の歯応えと絶妙な塩加減。一度食べれば必ずハマります。

串カツ

これもまた、秋吉のイチオシ。一口サイズで油っこくもなく、サクッといけちゃいます。

串カツ専用のタレをつけて食べるのですが、これがまた抜群に合うんです。

みの

みのもまた絶品。甘い味噌で味付けられたみの酸味の効いたタレと白髪ねぎと絡めて頂きます。

※筆者、酔っているので、タレの写真撮り忘れたようです。

しろ

(引用)

筆者、なんという失態。アルコールがまわり、隣のお客さんと話が盛り上がってしまったので、一番好きな「しろ」の写真完全に撮り忘れてました。

HPの写真使います…

しろはホルモンですが、臭みもなく、ホルモン独特の食感を楽しみながら味わうことができます。

タレもまた絶妙にマッチするんですよね。

その他

他にも若どり

ささみなど

焼き鳥の定番メニューが揃えられております。

シメも多種多様ですね。焼きおにぎり焼きおに茶漬けなどなど…

福井では数店舗に限定で冷麺があるので、筆者は福井だと冷麺でシメます。

(珍しいですよね、焼き鳥屋で冷麺って)

 

まとめ

皆さん、記事読んで分かったと思いますが、グルメリポート力がないので、

とりあえず行ってみてください。

百聞一見に如かず的な。

秋吉まとめ
  1. 秋吉には独特の接客がある
  2. 焼き鳥は5本ずつの注文
  3. 純けい、串カツ、みの、しろは必ず食べるべし
  4. 福井だけじゃなくて東京にもある




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です