【東京大学駒場祭2018】ほやって福井!が歌って・踊って・大行進!

スポンサーリンク



日本の頭脳の最高峰…..東京大学

ここで2018年11月22日〜25日…ある巨大イベントが開催されました。

そう、駒場祭です。

 

あるものは学園祭を楽しみに、ある者は恋人とデートに、ある者は子どものお受験情報を収集しに、またある者はナンパを目的に……

 

様々な欲望が錯綜するこの混沌としたお祭りに我々ほやって福井!もまた参戦しました。

売り、買い、話し、歌い、踊り、大行進…..

とにかくハチャメチャ最高な三日間

以後詳しく紹介していきましょう!

 

そもそも駒場祭とは!?

 

駒場祭とは東京大学の駒場キャンパスで毎年11月後半に行われる学園祭です。

今年で69回目を迎えた歴史ある学園祭となっております。

東京大学には主に1.2年生の前期教養課程に属する生徒が通う駒場キャンパスと3.4年生以降の教養学部や一部の学部以外のほとんどの生徒が通う本郷キャンパスがあり、この前者の場所で行われることが名前の由来です。

東京大学にはもう一つ大きな学園祭があり、そちらは毎年五月に行われることから五月祭と呼ばれるます。

こちらにもほやって福井!は出店しているのでこちらの記事もぜひ確認してみてください。

【東京大学 五月祭2018レポート】「ほやって福井!」盛況でした!

 

この駒場キャンパスで我々、ほやって福井!福井のソースカツを出店しました!

なんとも情報量の多い店構えとなっておりますが。。。

黄色いタグの越前がに、恐竜博物館、GOGO SAUCEのロゴ、至るところに「福井」の文字(まさか、これがのちに波乱を引き起こすとはこの時はまだ誰も予想だにしなかったのである。)

とにかく騒がしい。

 

なんにせよ準備も整いさぁ販売!の前にそう、朝といったら準備体操ですよね。

ほやって福井!は健康にも配慮しております。

周りの店の皆さんが白い目で見つめる中『オイッチニ!オイッチニ!』

さぁ、体もあったまったところでいよいよ開店です!

 

一日目

一日目は金曜日、普通なら毎年あまり人がこない…….

なのにどうしたことか!人がひっでぇもんに来るではないか!

そう、この日は勤労感謝の日だったのだ!

つまり、祝日!

さらに、

 

朝からあの日本で今一番ノリに乗ってるDJ集団、『レペゼン地球』がパフォーマンスをするとあって人の入りはすごかったです。

※なお、レペゼン地球のパフォーマンスは謎の勢力(後記)により途中終了。

私たちレペゼン福井も働くことに喜びを感じながらシフトに勤しみました。

 

ここらで、我々の提供したソースカツについて少し述べさせていただきたいと思います。

我々のソースカツはなんと学園祭レベルの出店にもかかわらず超ハイクオリティーのものとなっています。

 

お肉は福井の卸売業者から取り寄せ、そしてカツに絡めるソースもまた、特別なソースカツ用のソースを福井から取り寄せたものでありました。

これを正真正銘福井で生まれた福井産の人間が揚げて、福井産の人間が呼び込んだお客さんに福井産の人間が商品を手渡すのです。

オール福井にこだわりここまで徹底したお店は他にあるでしょうか。

 

正直、そこらの店がやっているような冷凍のものをただ揚げたり焼いたりして提供しているのとはわけが違います。

魂のこもった商品なのだ!

その味もまた天下一品です。

サクサクの衣に絶妙にソースが絡み合いその味と食感を引き立てる。

毎年リピーターがでるほどの好評です!(だから食べていない人は食べに来てね!)

 

と紹介はここまでにして一日目に戻ります。

売れ行きは祝日効果もあり好調!

と、ここで緊急事態が。

あのレペゼン地球さえも強制終了させてしまったこの祭りのボス駒場祭委員から「待った!」がかかったのだ。

 

その理由はこれ、このポスターである。

彼らによると福井県は外部団体であり、駒場祭は規約で外部団体を宣伝したり布教することを禁じているためにそれに違反しているとされたのです!

まぁいろいろびっくりです。

なんども今まで出店していたのに注意されたこともそうだが、一番の衝撃は福井県が『団体』と認識されていた点です。

 

いや、いくら福井県が世田谷区にさえ人口で劣っているとしても一応なんですよ。

たかがそこらへんのサークルと同じように評価されてしまった…….。

これが弱小県の宿命なのか…….

 

不満に思いながらもあのDJ社長さえも従わせた駒場祭委員である。

我々も控えめな位置にポスターを移動させました。

というハプニングはあったものの売れ行きはなかなかのものでした。

 

そして、日も暮れかけたころ、我々は動いた…..

点灯!

そう、今回の我々の店は今までとは一味違っていたのです。

暗くなってからも一目で営業しているかがわかるようそしてカップルのインスタ映えスポットとなるようクリスマス仕様のイルミネーションを施しました。

もちろんクリスマスツリーもありました。

 

駒場祭では無数の店があれど、これほど輝きを放った店が他にあっただろうか。

そして、光に魅せられた我々は当然のように行進した。

そう、エレクトリカルパレードである。

某ネズミーランドなどでは同じみのあれを駒場祭でもやってのけてしまいました!

集客結果などはわかりませんでしたが、ほやって福井!が全注目を集めたのは間違いありませんでした。

こうして、波乱の一日目は終了しました。

 

二日目、三日目

 

まずは朝活!

朝からカツの人はあまりいなかったため思い切ってタイムセールをはじめました!

お値段なんと350円300円に!

このお買い得作戦が功を奏したのかお客さんも朝から食べてくれました!

 

そして、二日目には我々の知名度も上がったのか、様々なソースカツの楽しみ方が見受けられました。

パンに挟んでカツサンドを作るお客さんであったり、

 

ご飯をコンビニで買ってきてソースカツ丼にする人まで!

たくさんの人が多様な楽しみ方をしていました。

 

また初日とは打って変わって怒涛の女子力も備えて臨んだほやって福井!でした。

男子は女子に弱いのです。

逆に男子は男子から客引きされても全然買わないのです。(経験談)

お客さんも女子の福井弁にメロメロで客足が増えたとか。。。

 

女子といえば今年も多くの美女がほやって福井!にきてくれました!

ほやって福井!では毎度おなじみ、あのめざましテレビでお天気キャスターも務めたミス東大2016の篠原梨菜さんや、

2015ミス東大ファイナリストの柘植絢香さんも!

今年(2018)年の準ミス東大に輝いた佐野来実さん!

ミス東大2018のファイナリストのメアリーさんまで!

過去のミス東大・ミスター東大に出場された、ミス東大2017の松本有沙さん、ミス東大2016ファイナリストの皆本萌様、ミスター東大ファイナリストの高橋豪史さん、東大王などでおなじみ砂川信也さんもきてくださいました!

 

東大美女図鑑のやほまるさんや永井志帆さんも美味しそうに食べていただきました!

 

これほど美男美女が訪れた店が他にありましょうか!

 

やっぱり美貌の秘訣は福井のソースカツだったんですね。

確定です。

皆さんもソースカツを食べてイケメン・美女になりましょう!

 

そして、楽しいお祭りにも終わりはやってきます。


こんな感じで蛍の光を流しながら無事駒場祭を終えまし………

 

ちょっと待ったぁ

 

駒場祭のすごいところは後片付けまできちんと自分たちでやるところです。

他の大学は後片付けや校内の清掃は委員会などが行いますが東大は違います。

自分たちが汚したところはもちろん、元から汚れていたところまで来た時以上の美しさにします。

 

ほやって福井!は他のサークルや企画とは違って面倒な後片付け、清掃まで楽しみ切りました!

それがわかる動画がこちらです!


今年の流行語大賞となった『そだね〜』を先取りして近くの企画さんを巻き込んだ清掃活動を行いました!

もちろんあたりはピカピカ。

こうして、駒場祭は真に終わりを迎えたのでした。

 

終わりに

今回はほやって福井!が出店した駒場祭の三日間を振り返りました。

我々の福井愛、そして熱量が伝わったでしょうか!?

福井のソースカツを売り、福井県の知名度を上げることはもちろん一番駒場祭で輝き(物理的にも)楽しんだ企画だったのではないでしょうか。


Twitterの方ではこんな言葉まで………..

感無量です!

そんなほやって福井!は次は五月に行われる五月祭に出店予定です!

興味を持たれた方もそうでない方もぜひ来てください!!

まってるんやざ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です