【若狭小浜】文化財の宝庫 若狭小浜でお寺巡り♪ ~後編~

スポンサーリンク



お待たせしました!

小浜市にある文化財のご紹介、後編です!

まだ前編をご覧になっていない方は、ぜひ合わせてご覧ください(^O^)

 

若狭一の宮

後編1つ目にご紹介するのは、若狭一の宮です。

上社・下社の2社から成り、若狭一の宮とはその総称です。

一般に、上社を若狭彦神社、下社を若狭姫神社といいます。

若狭地方最古の寺社で、実はパワースポットとしても有名なんです!!

順にご紹介していきます~!

 

若狭彦神社

上社の若狭彦神社は、前編でご紹介した神宮寺の神願寺として714年に創建され、

翌年に現在の場所に遷社されたと言われています。

祭神として彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)が祀られており、

海上安全、海幸大漁の守護神として信仰されています。

 

夫婦杉

鳥居をくぐって社殿に向かって進んでいくと、巨大な杉の木が立ち並んでいます。

中でも、2本の杉の木が根元部分で1本になっている「夫婦杉」がこちら!

頑張って下から撮っても全体が写りきらないほどの高さ!!( ;∀;)

とっっっても力強くて迫力満点でした◎

この夫婦杉のあたりに強いパワーがあるそうですよ!

 

本殿

そして奥へ進んでいくと、福井県指定有形文化財本殿があります。

 

若狭一宮は、平安時代の延喜式にも記載されている格式高い寺社だそうで、

バッチリその風格が漂っていますね(”ω”)

 

アクセス

若狭彦神社 アクセス
福井県小浜市竜前28-7
・JR東小浜駅から徒歩15分
・舞鶴若狭自動車道小浜ICから車で8分
TEL:0776-56-1116
駐車場:5台

 

若狭姫神社

では、お次に下社の若狭姫神社をご紹介します。

若狭姫神社は、721年に創建されたと言われています。

祭神は豊玉姫命(とよたまひめのみこと)で、上社と同じく海上安全、海幸大漁の守護神として信仰されています。

 

若狭姫神社も、鳥居をくぐるとこのようにたくさんの杉の木があります。

 

本殿・千年杉

そしてこちら、本殿の左奥には千年杉と呼ばれる巨木があります!

見た目がとても美しくて感動します・・・!

垣根の目の前に千年杉を眺めるための場所が設けられていて、

そこで千年杉を見上げながら健康長寿、子孫繁栄などを祈るとご利益があるそうです!

 

そして、この写真を見てすぐお気づきかと思いますが、境内の風景が上社とすごく似ていますよね。

上社・下社ともに、本殿・神門・随神門が一直線に配置されているという特徴があるんです。

 

子種石・乳神様

また、若狭姫神社の境内には、子種石と呼ばれる陰陽石と、乳神様と呼ばれる大きな銀杏があります。

それがこちら。

縁結びや安産のパワースポットとして知られている理由ですね(*”▽”)

 

アクセス

若狭姫神社 アクセス
福井県小浜市遠敷65-41
・JR東小浜駅から徒歩10分
・舞鶴若狭自動車道小浜ICから車で8分
TEL:0776-56-1116

 

妙楽寺

最後にご紹介するのは、妙楽寺です。

妙楽寺は高野山真言宗の寺院で、719年に行基が本尊を彫り、797年に空海が再興したと伝えられています。

本堂と木造千手観音菩薩立像が重要文化財に指定されています。

 

本堂

まず本堂がこちら。

鎌倉時代初期の建立で、若狭最古の建造物です!

 

木造千手観音菩薩立像

本堂の中に木造千手観音菩薩立像が安置されています

撮影NGなので引用になりますがこちらです。

ヒノキの一木造で、24面を持つ大変珍しい千手観音菩薩です!

長らく秘仏だったそうで、現在でも金箔が残っています。

 

山門

また、両脇に金剛力士像が安置されたこちらの山門も迫力があって素敵でした。

 

アクセス

妙楽寺 アクセス
福井県小浜市野代28-13
・舞鶴若狭自動車道 小浜ICから車で8分
TEL:0776-56-0133
拝観時間:9:00~16:30 年中無休
拝観料:400円
駐車場:30台

 

まとめ

若狭小浜の貴重な文化財をいくつかご紹介させていただきました!

小浜は緑豊かで落ち着いた雰囲気なので、すごく穏やかな気持ちになれます。

(人が少ないのでゆっくり観光できます。)

ぜひ今回の記事を参考にしてお寺巡りしてみてください!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です